KCPについて

  1. ホーム
  2. KPCの活動
  3. 主な活動

主な活動内容

KPCの活動

KPCでは青年部を中心に、以下をはじめとする様々な活動を行っています。

  • ●青年部研修会開催 各方面でご活躍中の先生方の講演を実施
  • ●技能検定講習会の開催
  • ●「技能祭」「ものづくりチャレンジ教室」など様々な催し物への参加
  • ●広報誌「もっこすプレス」発行
  • ●TS(テクニカルスキル)コンテスト
  • ●総会・役員会の開催
  • ●研修旅行の開催
  • ●その他(レクリエーション企画・開催など)

技能祭とは

社団法人熊本県技能士会連合会・熊本県職業能力開発協会に加盟の団体が参加し、 技能の重要性、必要性、魅力などを県民に広くアピールするために、隔年で開催されているイベントです。
各技能関係団体による作品の制作・実演・展示・即売/技能体験教室/技能相談 ・情報コーナー/各種アトラクション/その他技能に関する催し物などが行われます。

「ものづくりチャレンジ教室」とは

「子ども達が技能士とのふれあいを通して、優れた技能を体得し、創作する喜びを味わう体験学習の場とする」ということと、「子ども達が日常の生活の中では、体験することの少ない優れた、日本の伝統文化に接し、そのすばらしさを体得する場とする」ということを目的として、技能士会から塗装の分野で参加しています。小中学校で創作活動を指導します。

TS(テクニカルスキル)コンテストとは

TSコンテストとは、組合全体の技術の向上と組合PRを主な目的とする。また多くの観客の前で競技を行う機会を持つことで競技者としても日常業務においても物事に動じず落ち着いた対応のできる技能者を育成することを目的とする。